ジャグラー攻略

ジャグラーデーター 取り方、見方、カウンター攻略を解説。

投稿日:


ジャグラーのデーターの取り方、見方、データーカウンターを通じて

どの様なデーターを重視して、そのデーターをどの様に分析して

どの様に生かしジャグラー攻略をしていくか知りたくないですか?

この辺りのポイントを徹底解析して見ます。

ジャグラーデーター 取り方、見方、カウンター攻略を解説。目次
  • データーカウンターの必要性
  • データーカウンターの種類
  • データーカウンターの見方
  • データーカウンターのデーター
  • データーカウンター攻略

データーカウンターの必要性

多くの方は、データーカウンターを意識してると思います。

当然見てない方もいるでしょう~

しかし見てない方こそこれを機会にデーターカウンターを見る事に

意識を変えて見ては如何でしょうか?

見てない方からしてみれば『必要ない』と思われてるかも知れません。

そんなもの見なくても充分勝ててるという方も居るかも知れません。

ではどうして必要なのか?

必要な理由を書いて見たいと思います。

  1. 自ずと知れた攻略に必要な指数となる数値が見れる事。
  2. 数値は根拠であり、嘘をつきません。
  3. 過去現在も数値で台の調子を表示してくれてる

つまり数値を確認する事で未来の予測をする為の必要な機器、ツールなのです。

もし、台の上にこのデーターカウンターが無かったらどうでしょう?

ボーナス回数が解らない、何回まわってる台なのかすら解らない。

この2点だけでも解らないと不安と恐怖心が現れませんか?

どれ位回ってるのかわからない状態でレバーを叩くのは躊躇します。

もし今から『はまり』に入る状況で、回転数も解らないと怖いですよね。

先が見えない状況でジャグラーを打つ事はかなりリスクも高く初期投資にも影響するのです。

例えれば車を運転していて、前方車両に10トン車位の大型トラックが走っていたら

その先の信号も見えません。運転しながら先が見えないといきなりブレーキを踏む事にもなりますし

10トン車が急ブレーキを踏んだら、困りますよね。

これと同じ感覚で、

先が見える=データー確認が出来て未来の予測が出来るから安心感がある。

この様な理屈なのです。

データーカウンターの必要性と言うのは先を読むため、現状の把握の確認の為

その指数を、カウンター内のありとあらゆる数字から攻略判断するために必要なツールとして

作業確認するものです。

データーカウンターの種類

いくつか私が見た限りで最もデーターが取りやすいデーターカウンターをご紹介致します。

画像を見て頂ければ解りますがこれが数ある中で私なりに活用しやすいタイプです。

正面から見てボタンスイッチ等いじらずに見て即わかるデーターがあります。

それは・・

  1. 2日間のボーナス回数(BIG,RE)
  2. 2日間のボーナス確率
  3. 2日間のスランプグラフ
  4. 10回前までの棒グラフ履歴(BIG&RE)
  5. 前日の捨てた最終ゲーム数の表示
  6. 当日の回転数

6つの項目がカウンターをいじらずに即見れます。

このカウンターの利点はスランプグラフも遡って6日前まで見れます。

次の利点として、履歴が100回まで見れます。

このカウンターはかなり良いカウンターです。

当日のみスランプグラフも拡大して見れます。

当然3日~6日間のグラフも繋ぎ合わせて見れます。

又ボタンを触れば過去6日間のその日その日のデーターも見れます。

ここまで沢山のデーターが見れるカウンターが優秀で打ち手の私達に取ってかなり有利なツールとなり

カチカチ君より優秀です。

データーカウンターの見方

ここからが本題です。

カウンターのどの数字を見てどの様に判断するのか?

ここが最大重要課題となります。

ヒントを書いていきます。すべてを明かすのはノウハウを暴露してしまいますので

有料メンバーになればすべて解ります。

まず、ボーナス回数です。

当日のみと過去のボーナスと2種類あります。

皆さんは、どちらを重視されますか?

答えは、すべてです。

ボーナス回数と言うのは回転数と密接した関係があるのです。

従ってこの関係を知る事でボーナスがどの様な意味があるかが解ります。

次にボーナス確率です。つまり合算です。

合算とはボーナスの合成確率です。

合成確率とはBIGとREを合わせた確率の事です。

ジャグラーは確率論で成り立っています。

数学に強い方なら確率論とはどういうことなのかがお解りだと思います。

この確率が良い数字と悪い数字がありますが、何かを基準として良し悪いの判断が出来る事で

合算の意味がわかる様になります。

従ってデーターを見る際に重要なポイントでもありますので無視できないデーターとなります。

決して個人の主観で数値が良い悪いの判断は禁物です。

ヒント:どれ位の数字が良い合算なのでしょう~

では悪い合算の数値はどれ位なのでしょう~

回転数

実は回転数は先にも述べたボーナス回数と親戚以上兄弟身内的な関係があります。

ただ、回ってるから!ではデーターを見る上であまりにも軽視した見方となります。

どれ位回っているか?回っているからいい状態と判断できないのです。

ボーナスと回転数が比例した関係にあってこそいい波を掴めるのです。

このポイントから回転数がどれ位がベストなのか見極めなければなりません。

その基準値が最も大切な事です。

回転数はこのように見て行きます。

スランプグラフ

ここを気にしてる方は多いのではないでしょうか?

私はこのHPで何度も書いてる事ですが、答えは「あてになりません」

グラフ自体過去の産物です、つまり履歴をグラフ化したものですので

予定は未定であり決定ではないという事です。

1つだけ言えるのはグラフの頂点がどこの位置なのか?

これは過去をさかのぼりグラフを見るだけで事実確認が出来ます。

これは間違いない事実ですのでオカルト、ガセネタではありません。

いくら過去の産物でも履歴で1番コインを払い出した事実は確認できます。

①過去の最高地点を超えない限り、大きく勝てません。

②超えない時は又『はまり』に波は動き始めます。

この2点はグラフの見方として大切な情報となりますので頭に叩き込んでください。

データーカウンターのデーター

抽象的にタダタダ、データーと言われても何を基準としてデーターを見て

そのデーターがいいものなのか?今から打ち手に取って勝てる指数となるのか?

知りたいデーターの取り方でもあると思います。

データーの取り方で重要なデーターは

  1. 回転数
  2. ボーナス回数
  3. ボーナス履歴

この3点です。

この3点から、打ち手の我々がこのデーターをどう料理していくのかで勝敗が決まります。

スランプグラフ、回転数が多い、ボーナス回数が多い、合算がいいから、

RE確率がいいから、この様なデーターの取り方は世間一般でネット上に転がってるノウハウです。

勝率を上げるにはあまりにも抽象的で根拠があいまいだと思います。

データーカウンターのデーターはカウンターの種類によっては多くの数値を見れます。

なるべく沢山のデーターが見れるカウンターを選びましょう~

そしてこの3点をよく見ましょう。

ヒント:ボーナス回数と回転数で周期が見えてきます。

周期が見えると、合算の基準が判明出来ます。

データーカウンター攻略

世の中にそんな攻略法があるのか疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか?

実は「ぺカ塾」の攻略法の原点でありここからノウハウの原紙が発見されました。

当然第1発見者は私です。

今は塾生の方に「データーカウンターの謎」と言うタイトルで

データーカウンターのある数値推移を見るだけで、データーカウンターをいじらず

そして横で打ってる方のデーターカウンターを横目で見るだけで

光る回転予測すら出来ます。

不思議な現象です。

この方法はデーターカウンターの回転数がある一定の法則と一致した位置でぺカっと光るのです。

横目で隣の人のカウンターを見ていても予測できます。

「さっきあそこの数値だったからもうすぐだね」

こんな感じです。

ヒント:ジャグラーの回転数は一定の間隔でフラグが立ちやすい回転数を繰り返す。

「まとめ」

データーの取り方、見方は沢山色んなデーターをかき集めて傾向を

研究するより、対策を考えるべきです。

1か月毎日毎日同じ台に座って打ち続けて勝てた人はいません。

すなわちデーターは根拠となる為の信頼できる友人です。

シェルスターレックスカード




-ジャグラー攻略
-

Copyright© GOGOジャグラーコミュニュティー「ペカ塾」 , 2019 All Rights Reserved.