ジャグラー連チャン後はまり

皆さんジャグラーは何故?連チャンするのか?

 

何故?はまるのか?

 

 

わかりますか???

 

私は、連チャン、はまりの仕組み→設定と機械割に応じた(出玉)コイン調整の為。

このように解釈してますが・・・・

その何故?という理由を説明出来てないサイト作成者が多いのも事実です。

私は、何故?連荘するのか?という事はコンピュターの仕組みを完璧に解析出来ませんので

はっきりと正確な答えを回答できません。

しかし、これだけははっきりと明言出来ます。

どうしてジャグラーは連チャン後はまりなのか?

何故?ジャグ連するのかではなく「いつ」ジャグ連するのか?

その「いつ」ジャグ連が始まるというぺカる回転数が明確にわかり説明できます。

又その逆でジャグラーのはまりが「いつ」何回転位でぺカるのか?予測説明出来ます。

つまり、ボーナス(BIG、RE)を引き当ててから次にどの回転数でぺカるのか?解ります。

ジャグラーがどの回転数でぺカるのか計算して予想を立てる所まで分析出来てます。

その、予測する回転数で、仮に連チャンしなければ次は「はまり」に移行する事も

はっきり分析出来ていてわかります。

「いつぺカる」という分析は、確信をもって断言できる自信もありますし、立証もできます。

ジャグラーの連チャンとはまりの動きに対する予測回転を分析、検証に検証を積み重ねて

裏付けも取れてるからです。

では何故?予測した回転数通りにボーナスがぺカりジャグ連するのか?

もし、予測を外しジャグ連しない場合、大きなはまりに入る前のジャグラーは

一呼吸置く挙動があることに(ここ重要)皆さんお気づきでしょうか?

恐らくほぼ知らないと思います。後程説明致します。

良く世間一般ではジャグラーの連チャンを100G以内をジャグ連と言ってますね。

では、何故?100G以内にかかるのか?

ここを説明したほうが解りやすいかもしれませんね!

連チャンという動きは1Gでかかったり、

10G以内であったり30G以内クレジット内でかかったり、

いつ連チャンするのかわからないから取りあえず、

100G以内を連チャンと思われてる方は、

連チャン終了を100Gと決めてそのゲーム内まで粘ることが多いと思います。

実は、連チャンとはまりはボーナス回数と回転数が重要なポイントでありその2つの指数が

ある一定の関係で成り立ってます。

その一定の関係性を分析する事で、

ジャグ連が「いつ」なのか?

ジャグ連が「いつ終了するのか」

100Gを目途に打つ必要性も無くなり、予測回転数に達してもぺカらなければ台を捨てればいい訳です。

その指数を分析して計算方法を知る事で明確なぺカる回転数を導き出す事に成功したわけです。

皆さんジャグラーのあの怒涛な連チャンに期待しつつ、

「いつ???」

いや、このボーナスで・・

このGOGOランプがぺカったら次こそは・・

このはまり方の次は・・

と思いながら打たれてるのではないでしょうか?

それではいつまで経っても「勘」であり。平打ちしてるのとなんら変わりが無い訳です。

それよりも、ボーナスがかかった時点で、

「次の連チャンが解り、もしかからなければはまりに移行する」と

先に読める事で熱くなる事も無くなります。

では、その種明かしを説明しましょう~

ジャグラーは皆さんが良く合算がいいから「高設定」バケが多いから「高設定」

BIGとRE確率がいいから「高設定」したがって高設定を打たないと、いや打ち続ける事で

高い勝率と大きく勝ちたいと思われてるのではないでしょうか?

すなわち皆さんのキーワード=高設定狙い=勝てる

ジャグラーで勝つ為には、何時も高設定があるわけでないので、

設定狙いでは無く「いい波」の連チャンを狙えばいい訳です。

(ジャグラーの勝ち方)

連チャンして初めてコインが増え勝てる訳ですから・・

まずジャグ連の仕組みですが、確かに100G以内で間違いはありません。

ただ、「いつ」GOGOランプがぺカるのか?問題はこの「いつ」を知る事です。

ジャグラーは、先ほども述べましたが、ボーナス回数と回転数でその台の調子を判断できる

バロメーターが解ります。それが合算です。

皆さんが良く当日そこそこ回されてる台でボーナスもそこそこかかり

「合算のいい台を狙う」という行動を取られてる方も多いのではないでしょうか?

実はその合算とボーナス回数と回転数にある関係性があるのです。

だから連チャン、はまりもその3つの数字の関係性で計算して導き出された

予測回転数の答え通りにぺカります。

連チャンが「いつ」始まるのか?の仕組みはボーナス回数が増える度に、回転数と比例して、

合算の開きが狭くなります。(ここはノウハウ)

ボーナスがかかる度毎回変化する合算の回転数と回転数の差(幅)の中で、

一定の差(幅)の中までにかかる挙動を連チャンと言います。

この差(幅)を計算して回転数という答えを導き出します。

この差(幅)を計算して「いつぺカる」事がわかるようになります。

見事にジャグラーの連チャンという挙動はこの差(幅)の中でしか起こりません。

断言できる理由として例えると、波が延びる(連チャン)事は、

人間が勢いよくジャンプするのにバネ式の踏み台が必要なのと同じで、

ジャグラーも勢いよくグラフが伸びる為(連チャン)のバネ式の踏み台は

★「ボーナス回数と合算が一致してる箇所」と

★「合算が1つ変化する幅まで」と

この2か所バネになってその箇所(幅の中)でぺカればボーナスに入り、繰り返す事

ジャグ連する仕組みになってる訳です。

そのバネとなるポイント回転数を繰り返して勢いよく怒涛のジャグ連が始まるわけです。

バネを踏み外せばジャグ連も終わりかな??と判断できます。

だから皆様が体験されてるジャグ連、早い時は3回、8回、21回、15回みたいな回転数で

ぺカります。つまり3回、8回、21回、15回がバネの部分です。

つまりボーナス回数と合算が一致してる回転数だから、その回転数が3回であったり

8回であったり21回であったりするわけです。

このポイント(回転数=バネ部分)を計算して先にわかる事で

「いつジャグ連がはじまるのか」はっきりと予測できるのです。

ただ、「いつ」は分析出来てますが、「何故」が分析出来れば、

もっとすごいジャグラー攻略になるでしょう~。

「何故」が解れば絶対と断言できるからです。

このボーナスは連チャンしないよ!このボーナスははまりのサインだよ!とわかるように

日々分析中です。

連チャンのパターンがあるのはご存知でしょうか?

5連、7連した後いきなり深いはまり・・出たコインを全部飲まれた経験ある方も多数いると思います。

例えば上のスランプグラフ画像で言えば①番が1回目の連チャンの頂点です。

そのまま右肩下がりに一気に②番の連チャンがかかる位置まではまってます。

これが出たコインが全部飲まれてという事ですね。ではよくよくグラフを見て下さい・・

連チャンのパターンとはどのような事なのか??このグラフではわかりにくいと思いますが、

いい波の連チャンは3回続くのです。3連チャンではありません。

つまり1回目が5連荘したとして、次にはまり、2回目が7連荘、次にはまり、

3回目が7連チャンこのようなパターンがあります。これはいい波の状態です。

3回続かず、2回の時もあり1回の時もあります。流れの見方の参考になります。

又上のグラフで全体を見たときに、①番の連チャンの頂点を超えなければ、波は伸びません。

1番を頂点として、打っていて、はまりからやっと連荘して伸びても1番の頂点を

超えない限りまた、はまり続け、連チャンしても1番を超えなければ勝てません。

この場合④番の所で1番の頂点を超えてますので、

超えた部分が大勝ち出来た部分となります。

この様に、スランプグラフを見ても未来の予測は出来ませんので、打ちながら、波の状態を

確認する事がジャグラー攻略の近道なわけです。

この連チャンのパターンも参考にして下さい。

先にもお話ししましたが、

ジャグラーははまりに入る前に一呼吸置く挙動があると書きましたがわかりますか?

先ほどのジャグ連のお話の続きになりますが、

★「ボーナス回数と合算が一致してる箇所」で連チャンは始まります。

スランプグラフをこのように考えて想像してみてください。

折れ線グラフは物差しと同じように「目盛」が存在してます。

このメモリの1番目2番目が連チャンの目盛、3番目から4番目が

前回ボーナスを引き当てた時の合算値と同じ位置なのです。

つまり、大きなはまりに入る前に目盛の3番目4番目でぺカらなければ、

いきなり大きなはまりに突入します。

もちろんこの3番4番の目盛でぺカらない時もはまりに突入するわけです。

良く、100Gを超えて、128回まで165回までと200回以内の所を狙う方。

もしくは連チャン終了後その回転数まで粘る人いると思いますが、

その128回とか165回という回転数が目盛の3番目4番目の位置であるわけです。

つまり、ジャグラーのはまりの前の一呼吸置く挙動となります。

この挙動から、又連チャンを繰り返さなければ、当然はまりに入ります。

ココも押さえておきたいポイントです。

 

(ジャグラー連チャン後はまりのまとめ)

★「ボーナス回数と合算が一致してる箇所」と

★「合算が1つ変化する幅まで」と

この2か所バネになってその箇所(幅の中)でぺカればボーナスに入り、

繰り返す事でジャグ連する仕組みになってる。

ジャグラーは連チャンのパターンがある。

ジャグラーははまりに入る前に一呼吸置く挙動がある。

連チャンとはまりを自動計算してくれる便利なジャグラーアプリはここから見て下さい。

アプリ実戦での参考記事はこちらです。

★重要ジャグラーゾーンの見方参考記事はこちらです。

★朝一連チャンの狙い方はこちらです。



「ペカ塾」推奨人気記事一覧

1

ジャグラーで勝ててる方も、負けてる方も課題となるのは、辞め時、引き際が 明確にわかれば苦労 ...

2

ジャグラー波2000枚は等価で40000円です。   難しく考えず、 &nbsp ...

3

  皆さんジャグラーで勝ててますか?   ジャグラーってどうですか?? ...

4

皆さんジャグラーは何故?連チャンするのか?   何故?はまるのか?   ...

5

『攻略暴露』ジャグラー連チャンする台ってどんなタイミングとポイントか知ってますか? ジャグ ...

6

2月25日最終の日曜です。昨日に引き続きマイホール①へ出向きました。 入り口近くにパルサー ...

7

今日は4月7日の実戦報告と台選びのコツ、ポイントを詳しく書いて見ようと思います。 いつもH ...

8

ジャグラー攻略の出来るアプリの基本的な使用方法と応用できる活用方法です。 実戦での参考記事 ...

9

6月23日と24日の実戦報告させて頂きます。 今回の記事はパチスロ必勝法で非常に大切な事を ...

10

今日は、パチスロの中でもジャグラー全機種の設定について語りたいと思います。 そもそも、スロ ...

11

7月26日またもや、仕事途中に打ちに行ってしまいました。 何故かパートさんが、1時間も早く ...

12

以外にも見かけませんか? ホールの片隅に、男性陣に囲まれて座高が低いからすぐわかります。 ...

更新日:

Copyright© GOGOジャグラーコミュニュティー「ペカ塾」 , 2018 All Rights Reserved.