ぺカセミナー

ジャグラーの特性を知れば「欲」に勝てる

投稿日:

ジャグラーを打っていて、

よくあるのが

「勝っていたのに、負けてしまった」

「あそこで辞めとければ、もっと勝てていた」

ジャグラーのあるあると言えばここまでですが、

HPを訪れている塾生以外の方も多くの方が日々感じてる事では無いでしょうか?

つまり、ジャグラーのやめ時、引き際に関して

何か方法がないか?

こちらの方向で考えてしまう方も多いのではないでしょうか?

難しく考えず、ジャグラーの特性を知れば、

ジャグラーってこんなゲーム性だから、

そんなに焦って、アツくなったって

ゲームの改ざん、データー改ざんできないので、

勝てる立ち位置まで、ゲーム数と時間が必要だから

そこまで回しても無意味な行動が解る様になります。

今日は、誰もが解るジャグラーの特性について語ろうと思います。

ジャグラーの特性を知ろう。

特性=ゲーム性と考えても良いと思います。

メーカー(キタック)の発表しているスペック等

頭に入れるより、もっと簡単にジャグラーを知った方がより効果的です。

連チャンの払い出しコイン枚数

以前にも記事に書いたのですが、

ジャグラーが連チャン(キタック曰、連チャンはありません

巷に、誰もが発言してる例のジャグ連です。

(巷では100ゲーム以内をジャグ連って言ってますが、私の考えは違います。)

大体連チャンの波構成で大きく変わりますが、

500枚位から1300枚位が相場では無いでしょうか?

どんなに頑張ってレバーを叩いて、

操作してBIGとREをBIG中心に光らせる事は不可能です。

大体1000枚出ればいい方だと認識するべし。

この特性を理解せずに、又はもっと勝ちたいと言う

貴方の「欲」がはまりを追いかけてるのでは無いでしょうか?

ジャグラーの特性=ゲーム性に相反する行動を自ら取ってる訳ですから

無駄なコインを「はまり」に使用してる訳です。

特性は1000前後が相場と頭に入れてしまえばいい訳です。

そして、特性に逆らわない事です。

大勝出来る2000枚以上の行動

ジャグラーが爆連した場合で一撃2000枚以上のコインを払い出す事は

早々お目にかかれません。

仮に、そのような竜が上るような波を掴んでも

連チャン終了後、大はまりが相場ですね…

怖くてだれもが手を付けたがらない、開かずのジャグラーになっています。

立ち回り君が、恐る恐る

180回まで次に200回まで次に260回まで

次に300回転まで…

ホールでの稼働状況はこんな感じでは無いでしょうか?

連チャンの組み合わせ

このポイントを理解出来れば、

設定がどうのこうの?

こんな攻略に拘る必要がありません。

いかんせ、ほぼ、毎日高設定がゴロゴロと設置されてるわけではないので

無駄な台選びはしない方が奇策ではありませんか?

高設定があってもせいぜい設定4,5の据え置き位ですが

高設定=勝てる=勝手な妄想です。

ホール側が高設定を据え置く「余裕」を

逆に考えて見たらお分かりだと思います。

機械割、スペックを見ても、机上の理論通りにならないし、

いくらマイジャグラーⅣの設定④でも2週間放置されていても

大はまりの日が続いたりしていますし、

払い出したコインが例え3000枚としても

あっという間に3000枚は

はまりとミニ連チャンとバケのオンパレードで

数千回転から万回転で回収しています。

3000枚出た後例えば439回でバケを引いたとして

大方、600枚から700枚コインは無くなります。

120枚獲得しても、

更に187回でバケとしたら、

次に300回転で光ったとしても

3000枚なんてあっという間に回収されていますし

払い出した、又は回収したコイン枚数の差は

スランプグラフと同じ形で平行してイコールはありません。

だからグラフは当てになりませんし、差枚数も問題外です。

全ては確率です。

確率を調整しながら、設定に応じた動きをしてるだけです。

だから高設定が必ず勝てるという事では無いと思います。

天気が良ければ、悪い日もあるという事です。

連チャンは、永遠ではありません。

連チャン後、必ずはまります。

だから、はまり後、又連チャンして、はまった分以上の波を引き当てて初めて

コインの獲得枚数が増える訳です。

ジャグラーAタイプの特性を解ってはいるけれど、

1回目の連チャン後のはまりを追い続けて、結局は飲まれてしまう。

こんな行動では無いでしょうか?

この様なグラフはごまんとホール内にあります。

5000枚が頂点として下がってるグラフが「まだ5000枚回収してない」

こう感じてるのは、グラフのマジックです。

1000回転回し、バケ続きでしたら大方30000円は

平気で無くなります。

ホールでも800,900以上のはまり台は放置されています。

はまり後連チャンするのか?狙い撃ちしても

一気に回復しません。じわじわです。

又は更にはまり「只今回収作業中」と言うプレートが見えない方も

沢山いますね!

バケ中心に光ることがどんな状況なのか?

このポイントをジャグラーの特性として

知ってるか?知らないか?大きく勝敗に影響します。

ジャグラーは連チャン後はまりそして連チャンと言う特性です。

連チャン後のはまり方のポイントを知る事です。

はまりがどんな状況で続くのか?

又はどんなはまり方をするのか?

はまらないと連チャンはしてくれないのがジャグラーの特性です。

連チャンの組み合わせははまりがどんな形で来るかで

パズルみたいに組み合わせて獲得枚数が変わってきます。

ここも抑えておきたいポイントですね。

 

シェルスターレックスカード




-ぺカセミナー
-

Copyright© GOGOジャグラーコミュニュティー「ペカ塾」 , 2019 All Rights Reserved.